ポエフェス2019パンフ表面(外側).jpg

詩のまち前橋で
詩が見える、詩が聴こえる、詩を味わえる、
「水と緑と市のまち 前橋」の
特別な2週間。


前橋市は、萩原朔太郎や萩原恭次郎をはじめ、
日本を代表する近代詩人を輩出し、
市のキャッチフレーズを「水と緑と詩のまち」としており、
「萩原朔太郎記念 水と緑と詩のまち 前橋文学館」を有するなど、
詩にゆかりの深いまちであります。
2014年からスタートして第6回の開催となる今回は、
前橋文学館で開催される展覧会
「詩の未来へ―『現代詩手帖の60年』」と連携して、
市民の皆さんに詩のすばらしさを知っていただけるような
イベントとなるよう目指します。
今年のテーマは「旅」です。
市民の隣に、いつも、詩がある。
そんな前橋市、素敵だと思いませんか。

【主催】
芽部

【共催】
思潮社
前橋中央通り商店街振興組合

【後援】
前橋市

【協力】
前橋文学館
前橋こども図書館
前橋市読み聞かせグループ連絡協議会
ウエノ・ポエトリカン・ジャム6
ポエトリー・スラム・ジャパン

【エグゼクティブ・パートナー】
北爪満喜  広瀬大志