ロゴ04.png

新井 隆人(芽部代表)

あらい りゅうと

前橋市出身在住。詩人。個人誌『Relaxin’』発行。主な著書は『私撰群馬の陶芸家』『あかなめとシーサー』。主な展覧会歴は『オキュルス・ビジュアル・ポエトリー・ビエンナーレ・インターナショナル2004』(東京)、『ビジュアル・ポエジイ・パリ展』(パリ)、『接合×亀裂』(ミニギャラリー千代田)。詩劇「洪水伝説」出演。朗読ユニット「THE POEMANS」「くぽんぽん」「The Eyes」等でも活動。「芽部」代表。ブログ「POETRY PLANET GUNMA 群馬・詩の惑星」。

新井隆人.jpg

kuku

くく

前橋を中心に活動するシンガーソングライター。歌以外にもオリジナルのピアノ曲なども作る。朔太郎の「白い月」にメロディを付けた楽曲を含むアルバム「星とか月とか」、テンポ81ばかりの曲を収録したミニアルバム「kuku81」を制作。CDジャケットやフライヤー等のデザインも行う。猫好きのB型。
ホームページはこちら→http://flightflower.com/kuku/

kuku.jpg

國崎 理嘉

くにさき りか

前橋市出身。90年代、東京在住時にバリ伝統芸能と出会う。2000年よりバリ島に留学、伝統音楽(ガムラン)を学ぶ。2003年より地元ガムラン・グループに加わりウブド郡プリアタン村を中心に各地の演奏に参加。2005年ウブド王宮の火葬大祭の前夜祭に太鼓で参加。2007・2008年にウブド郡マス村の女性ガムランコンテストに主席竹笛奏者として参加、2009・2010年にバリ芸術祭のガムラン・ゴン・クビヤル・コンテスト女性部門に特別枠グループの主席竹笛奏者として参加。2011年に帰国後前橋に在住しCatur Swariを立ち上げる。Geguntanganの編成を踏襲する形でソロ活動も含めバリの主にプリアタン地方の音楽・舞踊を地元に紹介すべく活動。2013年11月、竹笛の師ワヤン・カルト氏の絵画展をアーツ桑町にて開催。
ブログhttp://rikawati.blog.so-net.ne.jp/

國崎理嘉.jpg

KPC

ケーピーシー

20代からセッションドラマーとして活動後、ジェンべと出会いアフリカントラディショナルを学ぶ。 ジャズドラム的技法やアフリカンを根源に置いたインプロバイザーとして、様々な演奏形態、多様な楽器を駆使した活動を行っており、過去にフリーセッションイベントを主宰していた経験からダンサーやパフォーマー、非ミュージシャンとの共演も多い。現在アラブ楽器「レク」を和田啓氏に師事。本名:児島清裕。

http://drummerdjembe.blogspot.jp/
プロフィール写真撮影者:http://film-cafe.jp/

児島清裕.jpg

高橋 加代子

たかはし かよこ

富岡市在住。大学で版画を学ぶ。デザイン会社を経て、現在は印刷の版の作成(DTP)に従事。 2013年、アーツ桑町で初個展『青猫もどき』。 2014年、前橋ポエトリー・フェスティバル「ANOTHER VIEW 見る朔太郎 〜 クリエイターによる朔太郎詩のビジュアル化展」、前橋ビブリオ・フェスティバル「芽部レトロスペクティブ2011-2014」に参加。数年ぶりに木版画を作る。

高橋加代子.jpg

田子 智代

たご ともよ

通称たこさん。前橋生まれ前橋育ち。絵本で明るい社会を作れると信じ、平成9年おはなしグループ「わたげの会」を仲間と設立。現在前橋市読み聞かせグループ連絡協議会会長(*^^*)「おはなしや」としても活動中。ちゃあんさんに出会い48才の手習いで玉すだれを習う。その後大道芸のおもしろさにハマる。

田子智代.jpg

藤見

ふじみ

群馬県出身。WEB小説家。創作企画団体トラウメンツ所属。小説を書く他、散文詩や朗読など形式にとらわれず文字での表現を模索する。時には常識にとらわれず馬をかぶる。

藤生さん.jpg